TOEIC SWテスト対策ができるオンライン英会話「ベストティーチャー」特徴まとめ



こんにちは、Anneです💓

今回は、TOEICの中でもリスニング&リーディングテストではなく、スピーキング&ライティングテストの対策ができるオンライン英会話、「ベストティーチャー(Best Teacher)」をご紹介したいと思います。

ベストティーチャーの特徴


  • 無料体験レッスンが受けられる
  • TOEIC SW対策コースのある数少ないオンライン英会話の一つ
  • TOEIC SW対策コースは月額16,200円で受講可能
  • 「自分の英語を書いて、話せる日本人を増やす」を目的としたレッスンが特徴
  • 世界50ヵ国以上から集まる多彩な講師陣からレッスンを受講できる

TOEIC SW対策コースのある数少ないオンライン英会話の一つ

ベストティーチャーは、TOEICスピーキング&ライティングテスト対策に特化したレッスンを受けることができる、数少ないオンライン英会話のうちの一つです。

現在、ベストティーチャーではTOEIC LR対策コースはありません。

TOEIC SW対策コースでは、「TOEICテスト スピーキング/ライティング完全模試」というTOEIC教材を用いてレッスンが進められます。

月額16,200円で受講でき、こちらの月額料金のみで、通常受講料が月額12,000円の通常英会話コースで学べる1,000以上のレッスンも無料で受講することもできるので大変お得です。

「自分の英語を書いて、話せる日本人を増やす」がモットー

ベストティーチャーのレッスンは、他のオンライン英会話とは違い少しユニークです。

他社のレッスンでは、準備された教材を使用し、講師とロールプレイをする形でレッスンが進められるというのが基本ですが、ベストティーチャーではまず生徒が英語を話したい場面を選び、伝えたい内容を講師と一緒に「書いてみる」ことから始めます。

その後、書いた内容を講師が添削し、それをオリジナルのスクリプトとしてレッスン内で教材として活用します。

自分が書いた英文をスクリプトとして使用するので記憶の定着に繋がり、まさに「自分の英語を書いて、話せる」ようになるのです。

世界50ヵ国以上から集まる多彩な講師陣が学習をサポート

講師の出身国が偏っているオンライン英会話って、結構ありますよね。

「いろいろな訛りの英語を聞いて勉強したい気持ちもあるけど、たまにはアメリカやイギリスの本場の英語を聞きたい…」

そんな要望に応えられるよう、ベストティーチャーでは講師はアメリカ、イギリス、フィリピン、カナダ、オーストラリア、インドなど、偏りのないようにバランスよく世界中から集められています。

また、スカイプの回線に問題のない講師のみを採用しているため、オンライン接続不良による余計なストレスを感じることなく、オンラインレッスンでも発音の勉強も問題なく行うことができます。

ベストティーチャーをおすすめできる人

以下の特徴を踏まえ、ベストティーチャーの受講をおすすめできる人はこんな人です。

  • TOEIC SWテストの対策がしたい人
  • TOEIC LRテストでは目標スコアをクリアしたので、次はSWテストを受験しようと考えている人
  • スピーキングとライティングを強化したいと考えている人
  • いろんな国出身の講師のレッスンを受けたいと思っている人

まずは無料体験レッスンから始めよう



ベストティーチャーでは、無料体験レッスンを受けることができます。

他にはないユニークなオンライン英会話レッスンを、ぜひ一度お試しください。

スポンサーリンク