私が仕事と英語学習の両立を成功させた、たった一つの秘訣



こんにちは、Anneです💓

忙しい社会人の英語学習者にとって、学習を習慣化することや仕事と学習の両立は、頭を悩ませる共通のテーマですよね。

私はインスタではできるだけ毎日学習風景や読書記録などを投稿するように心掛けているのですが、そのおかげか、投稿を見てくださっている方から「仕事と学習の両立で心掛けていること」や「学習の習慣化の秘訣」のご質問をいただくことが多いです。(いつも本当にありがとうございます😢💕)

私は、「時間がない」ことを理由に、社会人になりたての頃は一旦英語学習をやめていた時期もありました。

新しい環境が始まって心の余裕も全くない時期だったということもあるのですが、それでも「時間がない」を理由に半年や1年も学習をやめてしまうのは、ちょっと違うんじゃないかなと今振り返って思います。

実際、仕事内容は入社当時と全く変わらず、むしろ昇進などで仕事量が増えているにもかかわらず、今は学習を習慣化することができています。

私が学習を習慣化することに成功したのは、「時間がない」を言い訳にしないと決めてからでした。

私は、全ての時間を英語学習に費やすことが正解ではないと思っています。

たまには友人と食事をしたり、家族団欒を楽しんだり、日本語の本だって読みたい…。

でも言い返せば、歯磨きをしている時や食事中、お風呂に入っている時など、常に英語の勉強をしているわけではないので、「時間がない」という言葉は使ってはいけないと思いました。

単純に、それだけのことなのです。

実際一日中英語に触れる努力をされている学習者はたくさんいらっしゃいますが、私の場合はまだまだそんなレベルではなかったので、とりあえず「時間がない」という言い訳はしないようにと決めました。

そして言い訳がなくなると、不思議と学習時間が多くなったのです。

言い訳を作って、楽な道に進むのって本当に簡単なんですよね。

でも、成功している人とそうでない人の差って、そこで楽な道を選ぶか、それとも辛い道を選ぶのかだと思います。

一度踏ん張って学習を習慣化することができれば、継続するのって結構簡単なんです。

私も、今となっては仕事後の英語タイムがご褒美という位置付けになっているぐらい😂💓

まずは、言い訳をしないと決めてしまう。

仕事と学習の両立が難しいと感じている方は、「勉強しなきゃ」と自分を追い込むのではなく、「これじゃあ時間がないって言い訳はできないな。よし、頑張ろう」という風に、ぜひ考え方を変えてみてくださいね。

忙しい社会人のTOEIC対策には、私も愛用中のスマホアプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」が断然おすすめ!



詳しくはこちらの記事をチェック!>> 【スタディサプリENGLISH TOEIC対策】無料体験を利用してみた感想

スポンサーリンク