日常英会話はディズニー映画で楽しく学ぼう



こんにちは、Anneです💓

エマワトソンのインタビュー動画を見たのがきっかけで興味が湧き、先日実写版「美女と野獣」のDVDを購入しました。

そういえば以前、ディズニー映画で英語を学んで同時通訳者になった方の本を読んだことがあったので、この機会に読み返してみることに。

ディズニー映画の中の英語は、決して幼稚な英語ではない!

ディズニー映画で英語学習というと、どこか「子どもや入門者向け」という印象を受けてしまいがちです。

かくいう私も、外国語大学を卒業したということもあり、正直「ディズニー映画で英語というレベルは卒業できたかな」と思っていました😓💦

しかし、こちらの本ではそのような英語学習者向けにこんなことが書かれています。

そのような方にこそ、まずディズニー映画の根底にあるシンプルで丁寧なフレーズは、子どもだけでなく、大人である自分にとっても役に立つ模範的なものであることを知っていただきたいのです。

ディズニー映画で話されている英語は、決して幼稚な英語ではありません。大人でも真似したい、模範的で丁寧な英語なのです。

「白雪姫」などの古典的な初期の作品では、いわゆる語り口調でシンプルかつ丁寧な言い回しが使われているので、そのようなディズニークラシックスは特にオススメの教材だそう。

初級英語を卒業された方でもマスターしたくなるような英語表現法や語彙がちりばめられているので、ディズニー映画をあなどってはいけないなと感じました…。

早速明日から使いたくなるようなフレーズが満載

また「美女と野獣」を観た個人的な感想としては、日常会話に使いやすいフレーズが満載で、マスターして早速明日にでも使いたくなるような英語がたくさん出てくるという印象です。

例えば、「美女と野獣」冒頭の歌の部分に導入されているこちらのセリフ。

Where are you off to?(どこへ行くの?)

「どこへ行くの?」を英語にすると、”Where are you going?”が真っ先に思いつくと思いますが、実はネイティブはこちらの”Where are you off to?”という表現もよく使うそうです。

このような表現は、ビジネス英語や時事英語ばかり勉強していてはなかなか出会う機会のない表現ですよね。

海外の友達との会話でとっさに口に出したいようなフレーズがたくさん出てくるので、やはり日常英会話をマスターするためにはディズニー映画はもってこいの教材であることがわかります☺💕

最大のメリットは、楽しく学習ができるという点

とは言え、ディズニー映画で英語学習をするメリットは、何と言っても楽しみながら勉強できるというところですよね💓

他にも、こちらの本の中にはディズニー映画がオススメの教材である理由がたくさん紹介されているので、気になった方はぜひ読んでみてください。

私も休日のまとまった時間などを利用して、これからもディズニー映画を使って楽しく学習を進めていきたいと思います💕

海外ドラマや洋画を使ったおすすめ英語勉強法

2018.01.07

スポンサーリンク