オンライン英会話「ネイティブキャンプ」でTOEIC対策!特徴やメリット・デメリットまとめ



こんにちは、Anneです💓

TOEIC対策コースのあるオンライン英会話の一つである、「ネイティブキャンプ」。

今回はそのネイティブキャンプについて、特にTOEIC対策に活用するという視点から特徴やメリット・デメリットをまとめましたので、参考にしてみてください。

ネイティブキャンプの特徴


  • 7日間の無料体験を実施中
  • 月額5,950円で受講可能
  • TOEICパート別対策コースがある
  • TOEICスコア別(600点・800点)対策コースがある
  • 専用アプリを使っていつでもどこでも受講可能
  • レッスン回数無制限(1レッスン25分まで)

パート別・スコア別のTOEIC対策向けコースがある!

ネイティブキャンプは目的別カリキュラムが充実していて、そのカリキュラムの中に「TOEICパート別対策コース」「TOEICスコア別(600点・800点)対策コース」があります。

TOEICパート別対策コース

パート別対策コースでは、TOEIC公式問題集を教材に用い、Part1〜4までのリスニングパートを重点的に学習することができます。

レッスンは、基本的には「問題を解く→聞き取れない原因を解明→問題の最終確認またはロールプレイ」という流れになっています。

公式問題集を使用してレッスンを進めていくので、まさにTOEICに特化した英会話レッスンが受けることができますね。

TOEICスコア別(600点・800点)対策コース

一方スコア別対策コースでは、ネイティブキャンプ独自の学習法で構築された教材を使用していて、TOEIC対策と一緒に実戦で使える英語力が身につくような内容となっています。

レッスンの流れはパート別対策コースと全く同じです。

ただ、TOEIC600点対策コースに関しては、リスニングパートの他にも長文パートのPart7の学習も可能ですので、上手く活用してみてください。

メモ

ネイティブキャンプの公式ページには、レッスンの流れを紹介した動画が掲載されているので、そちらもぜひ見てくださいね。

専用アプリを使っていつでもどこでも受講可能

オンライン英会話といえば、スカイプを立ち上げてからレッスンを受けるという流れを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、ネイティブキャンプには専用アプリがあるので、スカイプを立ち上げ、動画環境を確かめて待機をする…という面倒な作業が必要ありません。

「面倒な作業を挟むと、だんだんとレッスン自体が面倒になり結局長続きしない…」なんていう心配もありませんね。

また、レッスン以外にも

  • 教材の閲覧
  • 講師の選択と予約
  • 講師からのメッセージ受信
  • 英単語やフレーズの復習

などがこのアプリ一つで完結してしまうので、余計なストレスを感じることなく学習を継続することができるのも魅力です。

レッスン回数無制限という画期的な制度がある

ネイティブキャンプではレッスン回数無制限という画期的な制度があり、一日のうちに受講できるレッスン回数が決まっていません。

そのため、25分間のレッスンを1回受けたり、10分間のレッスンを2回受けたりと、日によってレッスンスタイルを変えることもできます。

一日のうちにまとまった学習時間を確保するのが難しい社会人学習者にも、大変満足度の高い制度です。

ネイティブキャンプはこんな人におすすめ

以上の特徴を踏まえ、ネイティブキャンプをおすすめできる人はこんな人です。

  • TOEIC600点、もしくは800点取得を目標にしている人
  • TOEIC対策と一緒に実戦的な英語力も身につけたいと考えている人
  • オンライン英会話ならではの煩わしい作業が苦手な人
  • まとまった時間での学習よりも、隙間時間を利用して勉強したい人

ネイティブキャンプに向いていない人

逆に、「ネイティブキャンプは向いていないかも?」と感じるのはこんな人です。

  • 講師を予約して、いつも同じ講師のレッスンを受けたい人

ネイティブキャンプは、講師の予約なしでいつでも気軽に楽しめるオンライン英会話ですが、逆にレッスンの予約には追加でコインの購入が必要になるので、注意が必要です。

予約料金は講師により異なるので、予約時に確認しましょう。

今なら7日間の無料体験を実施中!



予約料金がかかるというメリットがあるとはいえ、レッスン回数が無制限であったり、専用アプリが導入されていたりと、その便利さや使いやすさにも定評があるオンライン英会話です。

ぜひ7日間の無料体験にチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク