【書評】英語学習が楽しくなる!「ネイティブ英語に憧れて」感想まとめ



こんにちは、Anneです💓

先日、図書館で気になる本を見つけました。

ネイティブ英語に憧れて

イギリスに旅立ったものの、ネイティブの超速スピードの英会話についていけなかった主人公が、ある出会いをきっかけに英会話のコツを掴み、どんどん英会話を上達させていくという、漫画形式の英語学習ストーリーです。

「自分らしい英語」を話すためのエッセンスがたくさん詰まっていて、今日から試したい勉強法が満載でした!

「ネイティブ英語に憧れて」って、どんな本?

ロンドンでネイティブの英会話についていけずに自信をなくしていた主人公レイコが、イギリス人と日本人のハーフのアンナとの出会いをきっかけに、英会話のコツを掴み、英会話を上達させていくストーリー。

漫画形式なので、30分から1時間もあれば読み終えることができます。

冒頭部分の

単語や文法の勉強も大事だけど……シンプルにあなたが伝えたいことにフォーカスしてみたら?

という、レイコへのアンナの言葉がとても印象的でした。

英語を勉強していても、「単語も文法も思いつかないから、会話が成り立たない。だから英会話が上達しない」という悪循環から抜け出すのってなかなか難しいですよね。

この本では、その悪循環から抜け出すコツがたくさん紹介されています。

特に「間違えるのが怖くて英会話ができない」「英会話のコツが知りたい」という方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「ネイティブ英語に憧れて」の内容まとめ

以下、参考にしたいところや共感した部分を簡略化してまとめておきます。

  • 英会話はコミュニケーション。自分らしく話さなければ続かない
  • 「話す英語」と「書き英語」を使い分ける
  • 海外ドラマの中の英語で使えるものだけフレーズで覚える
  • 週末の話をきっかけ作りにする
  • 自分の最近の話題を「マイ事件簿」として集めておく(自分の趣味の話、最近観た映画、気に入ったイベントの話、最近行った旅行の話など)
  • 長文は覚えるのも思い出すのも大変。長文を考える必要はない
  • シンプルで短い文は相手が質問しやすいから会話が続きやすい
  • ニュースを聞くときはポイントごとに内容をまとめる
  • 何度も聞く単語が増えるとリスニング力が上がる
  • 好きなことを共有できるとおしゃべりももっと楽しめる 

特に、本の中で紹介されている「マイ事件簿」を作って話題作りをするのが楽しそうだなと思ったので、早速やってみようと思います!

自分らしさを見つけるのが英会話上達のコツ

英会話の勉強をしていると、どうしても型にはまった英語を習得しようと必死になりがちですよね。

でも、そういった英会話は長続きしないし、第一楽しくありません。

「自分らしい英会話」を習得することが何よりも大切だということを、この本を通じて改めて感じることができました。

皆さんもぜひ読んでみてくださいね💓

スポンサーリンク