発音とシャドーイングの関係性について



こんにちは、Anneです💓

引き続き、インスタグラムでいただいた英語勉強法に関する質問に答えていきたいと思います。

今回は、「発音とシャドーイング」についてです☺️💕

発音や英語のリズム習得のためのシャドーイングって?

以前、シャドーイングについてこんな記事を書いたことがあります。

目的に応じた正しいシャドーイングのやり方とその効果

2018.04.05

こちらでもご紹介しているように、シャドーイングには「プロソディ・シャドーイング」「コンテンツ・シャドーイング」の2種類があります。

この2つのうち、発音や英語のリズム習得には、文の意味を考えずに聞こえた英語を聞こえたまま再現する「プロソディ・シャドーイング」がおすすめ。

プロソディ・シャドーイングをする際に注意すべきこと

発音習得のためのシャドーイングの欠点は、「シャドーイング中、自分の声を聞いていない」という点にあります。

そこで、シャドーイング中はぜひ自分の音声を録音してください。そして自分の話す英語をよく聞き、お手本と何度も聞き比べ、改善点を探してください。

自分の英語を録音して聞くのは、ちょっぴり恥ずかしいし勇気がいりますよね。

私も以前は自分の自分の英語発音に強いコンプレックスを持っていて、なかなか自分の話す英語を録音する気になれませんでした。

しかし、発音習得には自分の話す英語を録音して、自分の耳で確かめて確認・改善していくことが必要不可欠であり、それはプロソディ・シャドーイングにも同じことが言えます。

短い単語でも、長い文章でも、自分の話す英語を録音して聞いてみると、自分の発音やリズムの癖を把握することができ、改善点がわかります。

ただし、癖はすぐには治らないもの。一ヶ月に一度など、適度なスパンをあけて定期的に録音してみましょう。以前録音した文章と同じ文章で録音すると、成長がわかりやすいのでおすすめです。

ぜひ、根気強く続けてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美しい発音や英語特有のリズムを身につけるため、ぜひプロソディ・シャドーイングを習慣化してみてくださいね💓

英語の発音は母音の長さを意識することがコツ

2018.09.25

日本語と英語には子音の長さと強さに大きな違いがあった!

2018.09.19

私が美しい英語発音の習得を目指す理由

2018.09.18

スポンサーリンク