TOEICのスコアアップに必要な学習時間と学習時間確保のコツ



こんにちは、Anneです💓

仕事の忙しさゆえ、「できるだけ少ない勉強時間でスコアアップを目指したい!」というTOEIC受験者は多いと思います。

私も、特に社会人になりたての頃は仕事を覚えるのに精一杯で、英語の勉強に費やせる時間がなかなか作れない時期がありました。

「英語の勉強は量より質が大事!」なんて現実逃避をしていた時期もありましたが、その頃はやはりTOEICの点数も思うように伸びてはくれませんでした。

学習時間とTOEICのスコアは比例するのです。

結論、学習時間とスコアは比例する

「AERA English」2018年秋冬号のTOEIC特集ページに、面白いデータが掲載されていました。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策」ユーザー約1000人の学習状況の分析によると、TOEICのスコアと学習時間はほぼ比例しているそうです。

AERA English 2018 Autumn&Winter p50より

※詳しい内容は、AERA English 2018 Autumn&Winterの誌面でご確認ください。

500点台と900点台の人を比較すると勉強時間はおよそ1.8倍。楽して高得点は得られない。スコアの高い人は、それだけたくさん勉強している。

TOEICのスコアアップには、勉強の質と同じぐらい量も重要なことがわかりますね。

1日2時間の勉強を3ヶ月続けると100点アップする

また、「スタディサプリENGLISH TOEIC対策」の目標設定のページには、スコアアップと勉強時間について、こんな目安が書かれています。

これによると、1日2時間の勉強を3ヶ月続けると100点のスコアアップが望めるようです。

実際には現状のスコアなども関係してくるとは思いますが、私が3ヶ月ほどで100点近くスコアアップした時は、平均すると1日2時間ぐらいの勉強時間だったと思うので、ちょうどこの目安に当てはまることになります。

目標達成までの学習時間を計算してみたいという方は、こちらをぜひ参考にしてみてくださいね。

忙しい社会人には隙間時間の使い方がカギ

「勉強の質と同じくらい、勉強量も大事」とはわかっていても、忙しい毎日の中で学習時間を捻出するのは難しいですよね。

忙しい社会人学習者にとって、隙間時間の有効活用がスコアアップのカギとなります。

そこで私がおすすめするのが、今回のデータ元である「スタディサプリENGLISH TOEIC対策」というスマホアプリです。

>> 「スタディサプリENGLISH」公式ページはこちら💓

スマホアプリなので、通勤中の満員電車の中でも片手でTOEIC対策ができてしまう優れものです。

今回ご紹介したように、目標を設定し、学習時間の管理も手軽にできるので便利。

このような学習ツールを活用しながら、勉強時間をしっかりと確保し、スコアアップを目指していきましょう✨

【スタディサプリENGLISH TOEIC対策】無料体験を利用してみた感想

2018.12.11

スポンサーリンク