シャドーイングが難しい人にはリピーティングがおすすめ!



こんにちは、Anneです💓

先日、通訳トレーニング法を用いた英語勉強法についてご紹介させていただきました。

同時通訳者も実践している3つの英語勉強法

2018.08.19

この通訳トレーニング法には、「シャドーイング」、「サイトトランスレーション」、「リプロダクション」の3つのトレーニングがあり、その中でもシャドーイングに関しては、すでに学習に取り入れていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

シャドーイングとは、音声を聞きながら、聞こえてきたままの音を再現するというトレーニング法です。

私も早速、ネイティブスピードのインタビュー音声のシャドーイングに挑戦してみましたが、案外難しくて…。

早くも挫折しそうになったところ、「同時通訳者の頭の中」という関谷英里子さんの著書の中で「最初はシャドーイングの代わりにリピーティングをすると良い」と紹介されていたことを思い出しました。

音声を追いかけるように復唱していくシャドーイングとは違い、一文ごとに区切りながら進めていくのがリピーティングです。

関谷さん曰く、リピーティングでも十分に効果があるそうです。

リピーティングの第一の効果は、シャドーイングと同じように「レスポンス力」を鍛えることになる「脳の筋トレ」です。これは英語コミュニケーションの場での対応力を高めるのに必要です。

(略)

さらに英語学習者にとって大きな効果があるのは、なんといってもリスニング力の向上につながるからです。実際に自分で聴いた音を繰り返すことで、漠然と聴いていたときには見逃していた、聞き取れていない部分、誤解して聴いていた部分が明確になります。

他にも、実際に声に出すことで口が慣れ、実際のコミュニケーションの場において使える表現法や語彙力も養うことができますね。

リピーティングの練習は、同じ教材を覚えてしまうくらいまで使い込むと良いそうです。

ネイティブスピードのシャドーイングは難しいですが、リピーティングならなんとなく、とっつきやすいですよね。

シャドーイングに挫折しそうな方は、ぜひリピーティングを試してみてください。

スポンサーリンク