英会話のコツ!「この人の英語が好き」があればスピーキングは上達する



こんにちは、Anneです💓

以前、英語学習においてロールモデルを作ることが役に立つという記事を書いたことがあります。

ロールモデルから英語を学ぼう

2018.03.24

最近になって、やはり「この人の英語が好き」という理想像を作ることがスピーキング上達のコツだということに気づかされることがあり、今回改めて記事にまとめてみることにしました。

「スピーキングが伸び悩んでいる…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

英語のお手本は数人に絞って徹底的に学ぶ

よく、「スピーキング上達のためにどんな勉強をしたのですか?」という質問に対して「英語を繰り返し声に出して練習しました」と答える人がいます。

その中でも、「1人(もしくは2人程度)の話す英語に絞って何度も繰り返し練習した」という人は圧倒的に多いです。

欲張っていろんな人の英語をお手本に勉強するよりも、「この人から英語を学びたい」というロールモデルを決めておくほうが、勉強の効率も高いです。

また、好きな俳優をロールモデルに決めておくと、モチベーションにも繋がるのでおすすめ。

私も、エマワトソンの知的で美しいブリティッシュイングリッシュが好きで、彼女をロールモデルにしています💓

真似したいフレーズはメモして実際に使ってみる

実際に「使ってみたい!」と思うフレーズや単語に出会ったら、手帳やノート、スマホのメモ機能などを利用して、メモに残しておきましょう。

例えば「朝起きてから出社まで」、「仕事中」などと、用途別に分けてまとめておくのも便利で良いと思います。

そのフレーズを自分のものにするために、アウトプットの機会を作って実際に使ってみるのもお忘れなく。

忙しい社会人英語学習者でも毎日簡単にできるアウトプット3選

2018.04.12

発音の習得にはシャドーイングがおすすめ

発音習得のために、ロールモデルの英語音声を聞きながらシャドーイングをしてみましょう。

私のように「ブリティッシュイングリッシュを習得したい!」など、特定の国の発音習得を目指している方には、シャドーイングは特におすすめです。

私も、シャドーイングを習慣にしていたおかげで身についたブリティッシュイングリッシュを褒めてもらえたことがあったので、やはり発音習得にはシャドーイングは効果的なのだと感じます。

まとめ

皆さんは、好きな俳優やアーティスト、映画のキャラクターなどはいますか?

その中からぜひ「この人の英語が好き!」という人を見つけて、その人から英語を学んでいきましょう。

テキスト教材だけでは学べないものがきっと身につくはずです💕

スポンサーリンク