「英語の勉強を始めたいです。何から始めたら良いですか?」の質問に答えてみた



こんにちは、Anneです💓

最近、「英語を勉強したいと思っています。まず、何から始めたら良いですか?」という類の質問を受けることがあります。

英語を勉強する目的は、人によってそれぞれ違うと思います。

「海外旅行を控えているから」、「洋画を字幕なしで見たい」、「将来はグローバルに活躍したい」…。

基本的にはそれらの目的に合わせた方法で、英語を勉強すれば良いと思います。

海外旅行を控えているなら一言英会話を覚える、洋画を字幕なしで見たいなら洋画のスクリプトを使って勉強する、外資系企業に転職志望であればTOEIC対策をする、などという具合です。

でも厄介なのは、「ただなんとなく、英語を勉強したいと思っていて…」という方。

目標が定まらないうちは、とりあえず有名な英会話スクールに通ったり、英単語帳を買ってみても、なかなか身が入りませんよね。

でも、そんな方には「まずTOEICの目標点数を決めて、対策することから始める」ことをおすすめします。

「とりあえずTOEIC受験」で成長できた私の英語学習記

振り返ってみると、私にも「とにかく英語の勉強がしたい!でも何から始めれば良いのかわからない」という悶々とした時期が、今までに2回ありました。

TOEICという言葉を初めて知った、高校3年生の夏

1回目は、高校3年生の時です。

英語の先生に「大学で英語を勉強していきたい。何から勉強すれば良いですか?」と相談したところ、「TOEICという英語の試験があるから、まずはその試験で600点が取れるように勉強しなさい」と教えてくれました。

そのアドバイスをいただいてすぐに、まずは本屋さんでTOEIC対策のテキストを購入しました。

確か、「初めてのTOEICで600点突破」…というようなタイトルだったと思います。(検索しても同じものが見つからず、8〜9年ぐらい前のことなので絶版になってしまったのかも知れません😥)

テキストを1周終えて受けたTOEIC初受験では、400点台だった気がします💦

それが悔しくて猛勉強し、次に受けたTOEICでは500点後半、その次でようやく目標の600点を突破することができました。

TOEIC受験が良いモチベーションとなっていた時期です。

「やり直し英語」にも、やっぱりTOEIC

2回目の悶々期は、社会人になってすぐのことでした。

なんとなく、「英語の勉強をやり直したいな〜」と思い立ったのがきっかけです。

「やり直し英語」という名目だったこともあり、とりあえず学生時代に取得できたTOEIC最高点の830点を目標に設定しました。

勉強を再開した始めの頃は730点付近をうろうろしていましたが、対策を進めていくうちに英語学習の楽しさや、知的好奇心が満たされていくなんとも言えない満足感が蘇り、今では目標の830点を上回る895点を取得できるまでに成長することができました。

そして、さらに目標を900点に定め、新たに通訳翻訳者になりたいという夢を持つことができました💓

まとめ

闇雲に目標をTOEICに設定することについては賛否両論あるようですが、私は自らの経験上、「とりあえずTOEICを目標に勉強してみるのも良いのではないか?」と思っています。

もし、「英語を使って何がしたいのか具体的な目標が定まっていないけど、英語が好きで勉強がしたい、でも何から始めれば良いのかわからない」と思っているのであれば、ぜひTOEIC受験を視野に入れてみてくださいね💕

スポンサーリンク