もう言い訳しない!社会人が英語の勉強時間を確保するためのコツ3選



こんにちは、Anneです💓

勉強と仕事の両立は本当に大変です。

朝早起きして職場に行って、夜まで残業して家に帰る頃にはもうクタクタ。さっさと用を済ませてベッドに入り、次の日の朝にはまた出勤…。

休日ぐらい朝はゆっくり寝たいし、昼には友達とランチをしたり、夜まで映画を観たりもしたい!

学生時代は時間があってもお金がないといいますが、逆に社会人になればお金はあっても時間がありません😥

私も特に社会人一年目の頃は、とにかく仕事に慣れるのに必死でプライベートのことは二の次。

英語学習の勉強時間なんて、とてもじゃないけど取ることができませんでした。

だから、勉強と仕事の両立の大変さはよく理解しているつもりです。

でも私は今、毎日少しずつではありますが、英語学習を習慣化することができています。

習慣化してから感じることは、「今まではただ言い訳を並べているだけだった…」ということ。

そこで今回は、もう言い訳をしないための勉強時間確保のためのコツを3つご紹介します✨

ライフスタイルを見直そう

私の場合は、友人のSNSのチェックなど、スマホを見ながらゴロゴロ過ごす時間が極端に多いということに気づきました。

スマホを見ていると、気づけばすぐに時間が経ってしまっていますよね。

まず私は、勉強アカウント以外のインスタグラムやツイッターのSNSアカウントを削除しました。

個人差はあると思いますが、そうするだけでも毎日1時間ぐらいの時間の余裕が生まれるように思います。

また、SNSに近況があがらないので、友人からのご飯や飲み会のお誘いが減りました(笑)

そのため、休日のより多くの時間を勉強にあてることができるようになりました。

あとは、これは個人的なポリシーなのですが、どんなに話題に上がっているものでもスマホのゲームアプリは絶対にダウンロードしないようにしています。

スマホゲームこそ、熱中してしまうと本当に時間を忘れてしまうので、気をつけるようにしています💦

実際の学習時間を記録してみる

あなたは今、1日のうちどのくらいの時間を勉強に費やできているでしょうか。実際に、学習時間を記録してみてください。

私は「スタディプラス」というスマホアプリを使って、学習の記録をしています。

記録を始めるまで、なんとなく私は「仕事のある日でも毎日2時間ぐらいは勉強できているかな?」と思っていました。

記録を始めて、それが実際には1時間ほどということがわかった時は本当にびっくり😂💦

これは極端な例かもしれませんが、皆さんも実際自分が思っているよりも毎日勉強に費やできている時間は案外少ないのではないかと思います。

言い換えれば、時間を有効活用することができれば、もっと勉強する時間があるということですよね。

毎日の英語学習時間の記録にはスタディプラスがおすすめ!

2018.01.29

小さな習慣からコツコツと

例えばお化粧をする時間や通勤時間を利用してリスニング問題を聞き流しするなど、スキマ時間を活用することから始めてみるのもおすすめです。

毎日歯磨きができる時間を作ることができているのに、3分英語の勉強をする時間が作れないということはないですよね。

仕事と勉強の両立には、頭を悩ませている方も多いと思います。

以前までの私も「英語の勉強がしたい。でも仕事が大変だからできない…」と思い込み、なかなか学習を習慣化することができませんでした。

そんな私でも、ライフスタイルを見直し、正確な学習時間を記録するようになって、今では英語の勉強を習慣化することができています。

要は自分のやる気次第!夢や目標に向かって、一緒に頑張りましょう💓

忙しい社会人のTOEIC対策には、私も愛用中のスマホアプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」が断然おすすめ!



詳しくはこちらの記事をチェック!>> 【スタディサプリENGLISH TOEIC対策】無料体験を利用してみた感想

スポンサーリンク