「1駅1題文法特急」を使ったTOEIC文法の勉強法



こんにちは、Anneです💓

私がTOEICテストのリーディング対策でオススメするのが、こちらの「文法特急」というテキストです。

1ページに1題出題されていて、厳選された問題で構成されており問題数もそう多くなく、短時間で効率よく頻出の文法問題を学習することができます。

またポケットサイズで持ち運びも楽なので、通勤時間を有効活用したい方には特におすすめ。

今回は、このテキストを使った勉強方法をお伝えしたいと思います💓

まずは問題を全て解いてみる

1周目は、さっと全問解いてみてください。問題数が少ないので、1〜2時間あれば全問題を解くことができます。

ここで間違った問題はマークしておき、あとで振り返られるようにしてください。間違ったページナンバーをメモするだけでも構いません。

問題を解いて、1ページめくると回答と解説が書いてありますが、この時はまだ解説を読む必要はありません。正解したか、不正解だったかだけを確認して、次の問題に進みましょう。

解説を読みながら間違った問題を確認する

2周目では、間違えた問題だけを振り返っていきます。解説を読みながら、納得がいくまで問題とにらめっこしましょう。

解説を見てもわからない問題は、文法書を用いて調べたり、ネットで検索したりして確認していきます。

私はだいたいネットで調べて解決することが多いですが、ネットで検索しても出てこなかったり、検索結果だけではなかなか腑に落ちなかったりする時には、いつもこの文法書にお世話になっています。

このような英文法を一通り網羅する文法書を一冊持っておくと、わからない文法を辞書感覚でサッと調べることができるので、とても便利ですね💡

1〜2周目を繰り返しひたすら問題を解く

あとはテキストの問題をひたすら解いて問題のパターンに慣れるだけです。

私はもう何周したかわからないくらいこのテキストで繰り返し勉強しています。それぐらい、とても手軽にできる文法対策の一つ。

まとめ

あくまで私個人の意見ですが、ビジネス英語力ありと評価されると言われる600点台〜700点台を目指す方であれば、文法対策はこのテキストの文法だけで十分かと思います。

逆に言えば、800点以上を目指す方にとっては少し物足りないかもしれません。

ですが、難しいテキストを使っていても基礎ができていなければ意味がないということに気づいてからは、私もTOEIC試験の一週間ぐらい前になると、このテキストを最低2周は終わらせるようにしています。

文法の基礎固めに、ぜひ使ってみてくださいね💓

忙しい社会人のTOEIC対策には、私も愛用中のスマホアプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」が断然おすすめ!



詳しくはこちらの記事をチェック!>> 【スタディサプリENGLISH TOEIC対策】無料体験を利用してみた感想

スポンサーリンク