就職や転職で企業が求めるTOEICスコアの目安はだいたいどれぐらいなのか?



こんにちは、Anneです💓

最近では、就職や転職でTOEICのスコアを求める企業も増えてきました。

そこで今回は、「就職や転職活動で有利になるTOEICスコアはだいたいどれくらいなのか?」について考えてみました。

そもそもTOEICの平均スコアってどれくらいなの?

そもそも、TOEICの平均スコアってだいたいどれくらいなのかご存知ですか?

実施回により多少のばらつきはあるものの、TOEIC公式サイトの情報によれば平均スコアは毎回500点台後半になることが多いようです。

これを高いと思うか低いと思うかは人それぞれだと思いますが、私は「平均点なのに結構高いな…」と感じました💡

企業とTOEICスコアの関係について

企業が求めるTOEICのスコアの目安

求められるTOEICのスコアは企業により様々ですが、「PROFICIENCY SCALE」と呼ばれるTOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表を基準に、レベルB(730点)以上を目安にしている企業が多い印象です。

実際に私は大学時代にTOEIC730点はクリアしていて、いわゆるグローバル企業の採用試験を受けたこともありますが、TOEICのスコアに関しては高評価をつけてくれる企業が多い印象でした。

TOEIC730点=英検凖1級と換算されることもあり(これについては賛否両論あるようですが)、やはり私は730点が一つの目安になるのではないかと考えます。

むしろ入社後にTOEICスコアが必要になる?!

企業によっては、昇進・昇格の条件としてTOEICスコアを求める企業や、海外出張・海外駐在資格にTOEICを必要とするところもあるようです。

こちらも求められるスコアは職種や企業によりばらつきがあるものの、現在の伊藤忠商事を例にあげると、“海外駐在資格にTOEIC700点+英会話テスト中級が必要”であったりと、やはりTOEICスコア700点台が条件として求められるスコアになっているところが多い印象です。

TOEICスコア取得で奨励金が支給される企業もある

また、一定のスコアを取得すれば奨励金が支給される企業もあるようなので、そういった取り組みを上手く利用して英語学習のモチベーションに繋げていけると良いですよね。

こちらの奨励金は、だいたいTOEICスコア800点以上取得が条件となっているところが多い印象です。

最低ラインでTOEIC700点台を取得し、その後の目標として800点、900点を目指し勉強を続ける…という目標を立てるのも、英語学習を継続していく上でとても良いモチベーションとなり良いかと思います。

TOEIC730点を目指せるおすすめ英会話スクール

東京と横浜に校舎のある「b わたしの英会話」には、TOEICスコア700点〜750点台を目指すTOEIC対策コースがあります。


女性限定・初心者専門の英会話スクールで、レッスンブースの内装もおしゃれで学習のモチベーションの上がる、全ての女性におすすめできる英会話スクールです。

無料体験レッスンも実施中ですので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク