TOEIC対策におすすめの厳選テキスト3選



こんにちは、Anneです💓

「TOEIC受験対策のテキストって、いっぱいあってどれを使えばいいのかわからない…」

そんなあなたに、今回はTOEIC最高スコア875点を取得した私が実際に使っていたテキストを3つ厳選してご紹介したいと思います。

TOEIC対策の単語帳といえば「金フレ」

「金フレ」という愛称で親しまれ、TOEIC受験者から絶大な支持を得ているこの単語帳。

著者であるTEX加藤さんという方は、2011年から2013年のTOEIC公開テスト全26回分、全てのテストにおいて満点の990点を取ったというから驚きです。

TOEICの問題を知り尽くしている著者が、出題傾向を分析し、TOEICに出る単語だけを厳選し一冊にまとめたのがこの単語帳。それだけ無駄がなく、効率の良い学習をすることが可能です。

この単語帳では厳選された単語1000語が収録されていますが、さらにその1000語が下のようにレベル別に分けられています。

  1. 600点レベル 助走の400語
  2. 730点レベル 加速の300語
  3. 860点レベル 飛躍の200語
  4. 990点レベル 頂点の100語

もしあなたがすでにTOEICスコア700点台を保持しているとすれば、600点レベルの単語は飛ばして学習することも可能。

自分の目的やレベルに合わせてスタートできるのも、おすすめのの理由の一つ。

「最後まで終わらなかった…」がなくなるTOEIC文法テキスト

次にご紹介するのは、文法テキスト。

比較的短期間での知識習得が可能なため、「できるだけ早くTOEICの点数を上げたい」、「受験まで、もう時間がない」という方は、ぜひこの文法テキストを使ってみてください。

一ベージにつき一題の問題が出題されています。

ページをめくると答えが書いてあり、その隣のページでは次の問題が出題され…という具合に、リズムよく学習することができます。

また出題数も100題ほどで、あっという間に文法テキストを一冊まるごと終わらせることができます。

文法書というと分厚くて持ち運びが大変というイメージがありますが、このテキストはとてもコンパクトなので、通勤通学やお出かけの最中などにも手軽に使うことができるところも高ポイントです。

試験当日の予行練習に、TOEICテスト公式問題集

これまで単語帳と文法テキストをご紹介してきましたが、ぜひ併用していただきたいのがこちらの公式問題集。

実際のTOEICテストを想定したテストが2回分収録されています。

さて、皆さんはこのTOEICテスト公式問題集に対してどのようなイメージをお持ちですか?

「大体、3時間もある試験を家でやってみるなんて、時間が勿体無い…😰」

私はそんなことを思って、なかなかこの公式問題集には手を出していませんでした。

でも、実際たくさんのTOEIC受験者から「公式問題集は買うべき!」と紹介されているので、試しに使ってみようと購入しました。

結論、やっぱり買ってよかったです💓

実際のTOEICと同じ形式で予行練習としてテストが受けられるため、TOEIC受験までの心の準備にもなりますし、この問題集をやっておくと当日「問題の形式が想定外だった!」なんて焦らずに済みます。

ここ何年かTOEIC受験から遠ざかっていた方やTOEIC受験が初めてという方には、特に購入をお勧めします。

まずはテキストを揃えることから始めよう

TOEICを受験するにあたって「何から手をつけて良いのかわからない」、「どんなテキストがいいかわからない」という方は、ぜひ今回ご紹介したテキストを購入してみてください。

勉強しているうちに、自分のウィークポイントがわかってくるので、そのウィークポイントをカバーできるようなテキストを買い足していくのもいいと思います。

ぜひ、まずは徹底して3冊やってみてください💓

スポンサーリンク