TOEIC900点の達成意義を考えてみた



こんにちは、Anneです💓

皆さんのTOEICの目標スコアはどのくらいですか?

私は、大学生の頃から漠然と900点というスコアに憧れを感じていて、「TOEIC900点以上であれば、ある程度の英語であれば難なく読み聞きできるレベルかな…?」と思うこともあり、今はその900点以上のスコアを目指して勉強をしているところです。

「TOEIC900点を越えればゴール」は本当か?

私は、今後TOEICスコア900点以上を取得できれば、その時点でTOEIC受験は卒業しようと考えています。

「今からでも英語ができる人になる英語学習法100選」という本の中でも、「TOEIC900点を越えればゴール」であるとの説明があります。

TOEIC900点くらいとれたらいいなと思っている方も多いでしょう。けれど、TOEIC900点以上であれば英語を不自由なく使いこなせる、とは限りません。ですが、英語を使ってやりたいことがやれている方ならば、最低限のテスト準備(公式問題集→弱点把握→弱点補強)をすれば、900点以上はとれるはずです。

英語でビジネスをしている人なら、TOEICに出題されるような表現には慣れているはずですし、ニュースなどの生の英語にふれて使っている人ならリスニング問題のスピードはゆっくりに聞こえるでしょう。日常の文書、英語の本を読んでいれば長文問題もさして難しくないはずです。

以上の理由から、私(松本)は、「たいしたTOEIC対策をしていなくても900点以上をとれる人」を「英語ができる人」と判断しています。

この文章を読んで、「そうそう、私はこう(「英語ができる人」に)なりたいんだ!」と、強い共感を覚えました。

TOEICで900点を取得できたからといって英語がペラペラになるというわけではありませんが、TOEIC対策のための暗記や精読、試験を受けること自体がそもそもインプットに繋がったり、取得したスコアが自分の英語力の一つの指標にもなりますよね。

TOEIC900点を取得することで、目標のインプット量は達成できるのではないかと考えています。

TOEIC900点獲得までの道のり

TOEICのための学習指南書はたくさんありますが、紹介されているのほぼ同じ学習法ばかりです。

参考までに、「今からでも英語ができる人になる英語学習法100選」で紹介されているTOEIC900点獲得の方法は以下の通り。

  • 公式問題集活用する
  • 公式問題集で発見した弱点補強(例:PART5の文法問題対策で文法復習)
  • 自分の好きな英語を大量・高速インプット

TOEICのスコアアップには、このような勉強法がベースとなっているようです。

私も、知らず知らずのうちにこのサイクルで勉強していることに気づきました。

私は、弱点補強にスマホアプリ「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」を活用しています。



詳しくはこちらの記事をチェック!>> 【スタディサプリENGLISH TOEIC対策】無料体験を利用してみた感想

900点を取得したその先は…?

満点(900点)を目指して何度も受験されている方もいますが、正直なところ、英語学習マニアや英語を教えることをビジネスにしている方以外は目指す必要がないと思います。英語が実際に使えていてTOEICも受けたら900点以上あった、となれば、それ以上スコアアップに時間とお金を投資するよりも、自分の価値を高めることに使ったほうがより人生が豊かになると思います。

こちらも「今からでも英語ができる人になる英語学習法100選」からの引用文です。

確かに、900点以上を難なくクリアされている方であれば、それ以上のスコアアップを目指すよりももっと他のスキルを高めたり、アウトプットに切り替えていく方が良いのかもしれませんね。

私も「TOEIC卒業」を目標に、とりあえずはTOEICスコア900点取得を目指して、これからも勉強を続けていきたいと思います。

TOEICは英語力向上に本当に役立つのか?

2018.06.04

スポンサーリンク