日常英会話のマスターのために単語帳をとことん使いこなそう



こんにちは、Anneです💓

皆さんは、日常英会話を習得するための単語帳はお持ちでしょうか。

「資格試験のための単語帳は持っているけど、日常英会話のための単語帳は使ったことがない!」という方は、ぜひ日常英会話のための単語帳を購入し、日々の学習に取り入れてみてください。

単語帳で日常英会話のパターンを覚える

日常英会話をマスターするためには、ある程度単語やフレーズをパターン化して頭の中に入れておくことが必要です。

単語帳を使えば、例文を使って単語やフレーズを一気に覚えることができるので、特に「とにかく英語を話せるようになりたい」とか「短期間で日常英会話をマスターしたい」という方には、日常英会話習得のための単語帳を一冊用意してマスターすることをおすすめします。

どんな単語帳を選べばいいの?

TOEICや英検対策の単語帳ではなく、中学〜高校生レベルの基礎単語が載っているものを選びましょう。

資格試験対策とは違い、単語の暗記というよりは単語帳の中の単語やフレーズを自分のものにするというイメージなので、既に中の単語のほとんどを知っているぐらいの易しいレベルのものが良いと思います。

おすすめは「DUO 3.0」。

ユーモアに富んだ例文もたくさんあり、読んでいて面白いです。

頻出単語が数多く掲載されていて、アカデミックな内容からビジネス向きの内容までバリエーションも豊富。

ただ、それゆえ日常会話ではあまり使わないような高度な単語やフレーズも中にはいくつかあります。

さらにレベルを落として、とにかく簡単な英単語をマスターしたい方には「速読速聴・英単語 Basic 2400」をおすすめします。

高校生レベルの「DUO3.0」に対し、こちらの「速読速聴・英単語 Basic 2400」は主に中学生レベルの初級単語で構成されています。

“by the way”, “go down”, “sometimes” など、掲載されている単熟語はどれも易しいもので、誰でも一度は耳にしたことがあるようなものばかりですが、会話や手紙などの例文を通して、これらの単熟語が日常英会話の中でどのように使われているのかを知ることができます。

単語帳選びで迷う方は、ぜひ一度本屋さんへ立ち寄って、単語帳を数冊パラパラとめくってみてください。

そして、自分が簡単だと思うレベルの単語帳を購入するようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も最近は資格試験のための単語の暗記で精一杯だったのですが、洋画を見たり、英語を流暢に話している日本人を見たりすると、「やっぱり、最終的に目指すべきは会話の習得だよなぁ…」とふと感じ、一から会話の勉強をやり直すことに決めました。

「簡単な単語やフレーズを自分のものにする」という感覚で、英会話のマスターのために単語帳をどんどん活用していきましょう💓

英単語帳「DUO3.0」おすすめ理由と勉強法まとめ

2017.10.16

スポンサーリンク